「二代目・刀」3周年に寄せて

おかげさまで、新宿二丁目に念願の自分のお店、
褌BAR『二代目「刀」』をオープンさせていただき
3年が過ぎようとしています。

2015年9月11日(金)に、二代目「刀」をオープンしました。

その前の週まで、初代「刀」(現「刀兄」)に勤務しており、
博多でのイベントを週末に済ませて、
お店の鍵を受け取ったのが、オープン3日前の火曜日。
でも、その日から台風が来ていて、水曜も思ったように準備ができず
前日の木曜日に、ほぼ1日で準備してのオープンという
今だと笑い話ですが、本当にドタバタの中でのオープンでした。

前日にカクヤスさんからお酒を納品してもらったら、
あとは、どこから何をしていいかわからなくなり
何も手付かずの店内に、呆然とポツンとしているところに
BOOちゃんとかが来てくれて、慌てて、グラス並べて・・・と。

オープンして、
最初のお酒を作るときにマドラーが無いことに気づくとか、
オープンしたときに、あ、釣り銭がない、ということに気づくとか、
ありえないくらいの、オープンだったので、
今でも、本当によくオープンできたなと思っています。。。

本当は、9/18オープンを考えていたんですが、
あまりのお家賃の高額さに、1日でも早く開けたほうがいいと思って
急遽、覚えやすいというのか、たまたまなのですが
あの歴史的に有名な日の「9.11」オープンとなりました。

21歳の時に、サクセスというお店で初めて店子をして、
サミーさんのSammy’s Bar、野毛の鉄平さん、現「刀兄」を経て
36歳で自分のお店を持てることになりました。

いつか、二丁目で自分のお店が持てたらいいな、という思いは
20代の頃からあって、具体的に考え出したのが
30代になってからでした。

でも、こんな自分のことをほとんど誰も知らないのに
ふと、お店をやっても、集客できるわけがないと思って、
まずは、自分のことを知ってくれる人を増やそう。

何か自分の好きなこと、特徴のあることで、
ニッチな分野でもちょっと知ってくれる人が増えたらいいなと思って、
その時に、思いついたのが、『褌』でした。

元々の露出癖もあって、当時、褌をしてる若い子ってあまりいないというか、
今のようにSNSにも頻繁に登場するようなアイテムではなかったので、
ストレスのはけ口的な趣味で始めたブログに褌画像をやたらと載せていたら
色々な人と繋がりが出来て来ました。

そして、オフ会をやろうということになって、
8人くらいの最初のオフ会から、会を増すごとに
倍々の人数に増えて来てくださって、
お店を借りてやるのも、ちょっと大変になって来た時に始めたのが
今のイベント(『露出狂ナイト』)でした。

ブログやSNSを5年、
イベントも5年、やったら、お店が持てるんじゃないかと
自分なりに目標値を設定して、
とりあえず、自分を知ってくれる人を一人でも増やそうと
プライベートの切り売りでもないけれど、
『ツイッターが仕事』くらいの思いで、
ひたすら逐次自分が何してるのか、ツイッターで配信してました。
そして、イベントも、毎月ノルマのように開催して、
地道に頑張っていれば、いつか、夢は叶うんじゃないかと強く思って
ひたひたとやっていました。

いろんなこと言われても、いい
見てくれる人は、ちゃんと見てくれるから、と

そして、偶然にも刀のノリさんにお世話になり
二代目のお話を頂戴して、
念願のお店が誕生しました。

もちろん、二代目としてオープンさせていただき、
元の刀があっての、お店なので、
長くご愛顧くださっている常連様にも
良くしていただいているからこそのお店です。

初代刀(現刀兄)も来年で35周年。
自分も、30年、40年と続けていけるように頑張ります。

大げさだけど、二丁目で死ねたら本望だと思っています。
ここで骨を埋めたい。

なので、しぶとく、なが〜く、どうしがみついても(笑)
僕は二丁目にいますので、いつでも遊びに来て下さいね。

これからも、一歩一歩
迷ったり、チャレンジしたり、反省したり、もがいたり、
精一杯、頑張りますので
応援の程宜しくお願い申し上げます。

2018年 9月

褌太郎

露出狂ナイト 〜5周年にあたり〜

僕がオーガナイズしているイベント
『露出狂ナイト』はおかげさまで皆様に愛して頂き
めでたく!今週末、2018年 3/31(土)
新宿AiSOTOPE LOUNGEにて
5周年の特別記念イベントを開催させて頂きます。

早いもので、5年前
2013年2月13日に
当時は現刀兄の並びの地下にあった
旧ArcHで誕生した、このごく小さなイベントも
おかげさまで、今では大阪・沖縄を始め
全国各地で開催できるまでのイベントに
成長してくることができました。

当初はクラブイベントは初めてだったので
準備やキャスティングから進行まで
手探りで、どうしていいのか分からずに
色々な人の助けをお借りしての勉強の日々でした。

僕が「新宿二丁目」に初めて来たのは、20歳の時。

まだ、僕が大阪に住んでいて、
東京の就職先を探して面接に来た時に、初めて来ました。

ドキドキ、ワクワク、
でも、一番最初に思ったのが、なんだか、この『安堵感』。

あ、自分と同じ人がこんなにもたくさんいて
こんなにネオンキラキラと輝ける場所があるなんて、
と思ったら、それまで抱えていた悩みよりも
もっと、楽しいことがある、楽しいことができる場所がある
ってことに、とっても愛おしい気持ちになれた、そんな瞬間でした。

自分もこの場所で、楽しいことができたらいいな、と。

それから、21歳の時にゲイバーで店子として初めて働き出してから
この新宿二丁目には本当に色々な思い出と共に
自分自身の成長を一緒に記録していける場所となっています。

誰かと騒ぎたいくらい楽しいことがあった時も、
誰かに話したいくらい悔しいことがあった時も、
誰にも相談できずに悩み苦しんだ時期も、
色んな事がうまくいかずにこの先の人生を考え直した時も、
とにかく誰かと一緒にいたいと寂しさを紛らわしたい時も、
誰かに癒されたり、出会いたいと探し彷徨った時も、

詳しいことは話さなくても
顔さえ見ればホッと安心できるママやお客さん

その時、その時の自分を記録してくれるような
素敵な思い出づくりを手伝ってくれるイベントの数々…

そんな新宿二丁目のあったかさに触れながら、
今年で39歳。

人見知りながら、人が集まる場所を作るのはとっても好きで
ホムパや貸切パーティーの延長線で、
新宿二丁目のクラブを借りてのイベント業を始めて
丸5年を迎えることができました。

これまで自分がここまでお世話になった新宿二丁目に
何か恩返しができないかと思い、
自分にできることはイベントで盛り上げたり、
お店を開いて、今度は自分がそんな人たちを
受け入れられるような場所を作ることで
少しでもこの街にお返しができたらいいなと思って始めたこのイベント。

自分サイズで成長して来たつもりではありますが、
モチベーションや精神的なものだったり、
具体的な自分の資財であったり、キャパであったり、
想いと現実のギャップもあり、苦しんだ時期もありますが
ここまで続けてくることができたのも
本当に、毎回、お客様の笑顔に救ってもらえているからです。

正直、ネタの詰めも甘く、うまくいかなかった会もあったし
自分の考えをうまくまとめきれずに困らせている中
最大限のパワーで盛り上げてくれるキャストやスタッフには
本当に感謝してもしきれません。

数字や記録ではなく、単純に楽しめる場所がある
ここに来ると何かある、というそんなワクワクとドキドキが詰まった
新宿二丁目の魅力づくりの一つとして
細々とながら貢献していくことができたらいいなと思って

僕は、一人でも来てくれる人がいるなら
この先、ずっとずっとやり続けたいと思っています。

これまでのありがとう、と、これからのよろしくを。

最大限の感謝と御礼ができるよう、努めます。

いつも、本当にありがとう。

そして、これからも一緒に楽しもう、よろしくね。

楽しい時も、辛い時も、どんな時でも
この街はみんなを待っています。

露出狂ナイト オーガナイザー 褌太郎
(新宿二丁目・褌BAR 二代目『刀』 店主)

▼懐かしい第1回目の露出狂ナイトのフライヤー